痛い時は温めないで下さい!

 

痛みには大きく分けて2種類あります。
急性期 ②慢性期

急性期とは
筋肉に傷が入って炎症が起きている状態です。

・ズキズキ痛い。
・赤くなている。
・触ると熱い。
・少しの動きでも痛い。
などは炎症期の症状です。

言葉どおり筋肉が炎症しているので、この時に温めてしますと余計にズキズキしていたくなります

急性期には氷水で冷やす「アイシング」が大切になります。

アイシング

急性期は痛めた日から約3日間あります。痛めた最初のうちは温めることはリスクがあります。

最初の3日間は冷やすことを心がけて下さい。

炎症期が終わり痛みがある程度落ち着いてくると、今度は温めてもよい時期になります。傷ついた筋肉にたくさん血流を送り修復を促します。