まっすぐ立てないぎっくり腰

寒さが一層厳しくなり、今週だけでぎっくり腰での来院が3名。気をつけて下さい!!

ぎっくり腰にもいろいろパターンがありますが、その中でもまっすぐ立てないぎっくり腰。身体がくの字に曲がったままで伸ばすことができないとい症状があります。

これは、お腹の奥の方で骨盤を支えている腸腰筋(下図)がうまく伸び縮みできなくなったことが原因の一つと考えられます。二色の浜整骨院ではハイボルテージ電気療法や筋肉を緩めるジェル、マッサージなどで筋肉を緩め、伸び縮みしやすい状態にもどしていきます。

 

今回の事例では、お腹のインナーマッスルの電気トレーニングを同時に行いました。くの字の状態でご来院されたお二人が帰りにはまっすぐ立って帰られました。

 

何よりもぎっくり腰にならないのが一番です。重たい荷物を持つ時はしっかり屈んでから体全体でもちあげるようにしてください。

出典:Clinical Massage