腕が痛い

上腕二頭筋長頭腱炎って何?

上腕二頭筋とは通称、力 こぶと呼ばれている、肩から肘にかけて走る筋です。長頭と短頭の2つからなります。上腕二頭筋は、肘を曲げたり、物を引き上げたりする役割をします。

 

この筋が傷ついた時、ほとんどが長頭で起こります。上腕二頭筋で炎症が起きると、腕を挙げようとするときに痛みが出ます。

 

原因は?

上腕二頭筋の使い過ぎが原因です。重たいものを持つ機会が多い人や、野球・テニス・バレーボールなどのスポーツをする人に多く起こります。女性よりも30代から50代の男性に多くみられます。

 

どんな症状が出るの?

●手を挙げると痛い。
●肩の前あたりを触ると痛い。
●ドアノブを捻ると痛い。
●夜寝ているときが痛い。
など

 

二色の浜整骨院ではどのようなことをするの?

●徒手アプローチ(マッサージ)・低周波電気療法で腕の筋肉・肩周りの筋肉を和らげバランスを整えます。
●痛みのある部分や関連のある部分にハイルテージ療法(特殊電気療法)を当て、鎮痛を促します。
●痛みが強い時には疼痛の軽減のためキネシオテープを貼ります。
●炎症が起きている時にはアイシングを行います。

痛みが出ている場所だけでなく、腕の筋肉・肩関節・肩や肘を動かす指令を送っている首の動きなどをチェックし、全体的に施術を行います。

 

 

自宅でできるケアはありますか?

●少し触れただけで痛い。夜にうずいて痛い時には氷水などで冷やして下さい。
●痛みが落ち着いてきたら、筋肉をほぐすように肩関節や肘関節を軽く動かして下さい。

アイシング

 

肩・腕の痛みでお悩みの方は、二色の浜整骨院へご相談下さい。
アクセス・ご予約はこちら