インナーマッスルって知っていますか?

 

私たちの筋肉には2種類あります。

 1つ目はアウターマッスル 体(関節)を動かすために働きます。
 2つ目はインナーマッスル 体(関節)を支えるために働きます。

体幹トレーニングでいうと

アウターマッスルは、体を起こすようなトレーニング
(例)起き上がる腹筋

インナーマッスルは、同じ姿勢でじっと我慢するトレーニング
(例)45度くらいで耐える腹筋

腹筋

二色の浜整骨院が注目しているのは、インナーマッスルです。

 

アウターマッスルももちろん重要ですが、アウターマッスルをいくら鍛えても支える筋肉であるインナーマッスルが弱いとぐらぐら揺らいでしまいます。

 

ぐらぐら

そして年齢とともに衰えてくるのもインナーマッスルです。

「最近お腹のお肉が・・・。歳かな~・・・。」よく聞く話ですね。
支える筋肉が衰えてきたので内臓を正しい位置に保てず下垂し、
内臓機能低下などの悪循環が影響し、
脂肪がつきやすくなってきます。

しんどいトレーニングが嫌いな私は電気の力を借りて楽してトレーニングをします。
EMSといいます。

EMSって何??はまた次回(^^)

口コミ大募集中!!
二色の浜整骨院への口コミはこちら

🏠ホームにもどる