高いところから落ちた時の捻挫

リスフラン関節

踵部を固定して前足部に外力がかかる。または、その反対で前足部が固定されて踵部に外力がかかることによって起こる捻挫を「ショパール関節捻挫」といいます。

高所よりの墜落、スポーツによるものが多く、特に急激な跳躍運動はこの関節への負担が多くなります。

症状は、土踏まずの内側に腫れ、圧痛があり、赤くなることもあります。
疼痛を避けるため足の内側をあげ、小指側に倒して歩くような状態になります。

二色の浜整骨院では、痛みと腫れを早く軽減させるためハイボルテージ療法マイクロカレント療法を用います。その後テーピングなどで足を固定し、損傷部の負担を減らし安静を保てるようにします。

捻挫をしたらまずは冷やして、なるべく早くご来院下さい。

🏠ホームに戻る