「子どもの肘が外れて(抜けて)しまった!

肘内障という就学前の幼少児特有の障害で、非常に発生頻度が高いものです。外れたといってもバンドの役割をしている輪状靭帯がずれて起こる亜脱臼なので、徒手整復で簡単に治ります。整復されると、その場で痛みもなくなり普通に使えるようになります

〈原因〉
腕を強く引っ張られた時に発生することが多い。

〈症状〉
腕をだらんとたらしたまま曲げようと しない。
触れようとすると嫌がり泣き出す。
てのひらを上に向けられない。など

骨と靭帯の成長と共に外れないようになります就学前くらいまで、小さいお子さんの腕は強く引っ張らないように気をつけて下さい

肘内障