大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

大腿直筋(だいたいちょっきん)・内側広筋(ないそくこうきん)・外側広筋(がいそくこうきん)・中間広筋(ちゅうかんこうきん)の4つの筋肉で構成される。4つの筋肉はすべて、膝蓋腱により下部で一か所に付着する。

膝関節を伸展、屈曲(曲げ伸ばし)させる作用がある。

※中間広筋は大腿直筋の内側に存在する。

起始:<大腿直筋>下前腸骨棘 <内側広筋>粗線の外側 <外側広筋>大転子外側面、転子間線、粗線の外側 <中間広筋>大腿骨の前側側面

停止:合わさって1本の共通腱をつくり膝蓋骨に。膝蓋骨の下方では膝蓋靭帯となり脛骨粗面に終わる。

出典・参考文献 Clinical Massage  Muscle Premium VISBLE BODY

🏠ホームに戻る