肩甲下筋(けんこうかきん)

回旋筋腱板のひとつ。

肩甲骨の内側についている筋肉。
肩関節を固定し、腕を内旋(内に捻る)作用がある。

腕を頭上まで完全に持ち上げられない方は、この筋肉が短縮して固まっていることが考えられる。

肩甲下筋

 

 

 

※棘上筋・棘下筋、小円筋、肩甲下筋を合わせて回旋筋腱板(ローテーターカフ)という。腕の回転を助ける筋肉でスポーツ障害を起こしやすい。

 

 

起始:肩甲下窩
停止:上腕骨小結節

出典・参考文献 Clinical Massage  Muscle Premium VISBLE BODY

🏠ホームに戻る