小円筋(しょうえんきん)

回旋筋腱板のひとつ。

腕を内転(体側へ近づける)および外旋(外へ捻る)させる作用がある。小円筋に障害があると 上腕の外側に関連痛が生じる。

 


  

※棘上筋・棘下筋、小円筋、肩甲下筋を合わせて回旋筋腱板(ローテーターカフ)という。腕の回転を助ける筋肉でスポーツ障害を起こしやすい。

 

起始:肩甲骨の外側縁の上2/3
停止:棘下筋停止部のすぐ下、上腕骨大結節

出典・参考文献 Clinical Massage  Muscle Premium VISBLE BODY

🏠ホームに戻る