棘上筋(きょくじょうきん)

回旋筋腱板のひとつ

主な作用は腕を外転させる(外に開く)ことだが、肩の固定筋としての働きをする時に障害を受けやすい。

重い物を持ち上げる腕を上げた状態で作業する。長時間のコンピューターのマウスを使用するなどの反復運動でも障害を起こすことがある。

 

棘上筋

 

 

※棘上筋・棘下筋、小円筋、肩甲下筋を合わせて回旋筋腱板(ローテーターカフ)という。腕の回転を助ける筋肉でスポーツ障害を起こしやすい。

起始:肩甲骨棘上窩
停止:上腕骨大結節

出典・参考文献 Clinical Massage  Muscle Premium VISBLE BODY

🏠ホームに戻る