院長の紹介

院長あいさつ

はじめまして。
二色の浜整骨院院長 日根ノ谷 寛美です。

専門学校に通いながら整骨院で見習いをし、2010年に柔道整復師の国家資格を取得。その後、整骨院勤務・分院長と経験を積み、2012年に独立開業しました。

【何が患者様にとって一番良い方法なのか】を常に模索し、筋・筋膜のつながり・ハイボルテージ療法・整体・トリガーポイントなど様々な技術を学びました。

一言で「痛い」といっても、本当の原因は人それぞれ。あなたの痛みの原因はどこから来ているのか?しっかりチェックしてひとりひとりの症状に合わせた施術を行います。当院で取り組んでいる「ハイボルテージ療法」は効果を実感してもらいやすく、その変化にたくさんの方が驚かれます。

あなたは「痛み」をひとりで我慢していませんか?少しでも早く痛みから解放されて、今日が笑顔で過ごせる1日となるよう、精いっぱい施術させて頂きます。是非一度ご相談下さい。

私が治療家になった理由

私が柔道整復師という仕事をするきっかけになったのは、大学生時代に体操競技をしていて、たびたび整骨院にお世話になっていたことです。

ハードなスポーツのため、腰や足を痛めることが多く、試合前にケガをしてしまった時など、できる限りの施術をしてもらい試合本番に臨みました。体のケアなしには続けられなかったと思います。大学4年間の部活生活を終えてからは、スポーツの現場で活躍する選手を支えるトレーナに憧れ、頑張っている人の役に立ちたいと思うようになりました。

一度は違う仕事に就きましたが、夢をあきらめきれず、一念発起し専門学校へ入学。資格取得後、今の整骨院に分院長として配属され、1年後独立開業することとなりました。

当院では【痛みの原因はどこから来ているのか?】を追究し、【早期回復を目指した施術】をモットーとしています。ひとりひとりの症状に合わせて最善の施術をご提案致します。

すきなこと

週2回ほどボルダリングへいきます。楽しく体幹を鍛えられるスポーツです。

冬はスキー。最近はいけないですが、海外の遺跡観光が好きです。